四十肩・五十肩

四十肩、五十肩になったらそのケア方法

*

ためしてガッテン 四十肩

      2016/01/06

ためしてガッテンで過去に四十肩(五十肩)が取り上げられ、その時に予防体操として「ひじまる体操」というのが紹介されたそうです。

私はその時の放送は見ていなかったのですが、ネットで調べた所、「ひじまる体操(ひじまる泳法)」というのが有るのを見つけました。

元々は肩こり解消のための体操なのですが、肩こりと四十肩の予防法はほぼ同じため、肩こり解消運動は四十肩予防にも使えます。

そのやり方は、テレビでは襟をつまんでひじを回すということでしたが、もう少し詳しく解説すると、胸の上の鎖骨のあたりにあるくぼみに指を置いて、背泳の様に肘を回すというものです。

四十肩予防にはこれを10回と、逆回転のクロールの様な動きを10回すると良いとのことです。

 

ちょっと文字だけだとイメージが湧かないかもしれませんので動画も用意しました。参考にしてみて下さい。

 

まず最初にこの様に鎖骨のくぼみの位置に指を置いてから、腕をグルグルと回します。
なるべく大きく動かすのがコツとのこと。

◎背泳の動き

 

◎クロールの動き

 

一旦四十肩が発症してしまうと、1年も付き合うハメになるので、予防は大事です。

昔は五十肩と呼ばれていたものが、今では四十肩、早い人では30歳代での発症も有るということで、発症年齢が下がってきています。これは、パソコンなどのデスクワークで肩を動かす機会が減ってしまったのが原因と考えられます。

発症させてしまうと、激痛が長く続くばかりではなく、肩の関節内の骨液が固まり、癒着して可動範囲が大幅に制限されてしまうという後遺症が残る事にもなりかねないので、予防できるものは予防しましょう。

このひじまる体操は元々肩こり解消のものでもあるので、デスクワークで肩こりがひどい人もやっておくと四十肩ばかりではなく肩こりも解消できるという一石二鳥の効果ですので、ぜひ推奨したいと思います。

 - ためしてガッテン 四十肩 , ,