四十肩・五十肩

四十肩、五十肩になったらそのケア方法

*

四十肩と五十肩

四十肩または五十肩という、ある日突然肩に痛みが走り、徐々に腕が上がらない、回らないなどの日常生活に支障が出るほどの激痛が1年も続く謎の疾病があります。

通常は50歳台で発症するため五十肩と呼ばれますが、40歳代で発症する人も居るため四十肩とも呼ばれることもあります。この2つは同じもので、正式には五十肩というそうなのですが、40歳代で発症する人が多くなってきたために医者が患者に配慮して四十肩と呼び始めたのが始まりだそうです。最近は更に年齢が下がってきて、30歳代でも発症してしまう人も稀にいるようです。

五十肩、四十肩にまつわる誤った対処や治療などで肩が固まってしまい、腕が上がらなくなるなどの後遺症が出るのを防ぐため、そして老後に自分で寝返りが出来なくなり介護が必要になってしまうような事態を防ぎたいという願いから、2度の五十肩発症の経験と調べた知識からここに記録を書いて行きたいと思います。

過去に五十肩(四十肩)を発症し、今現在が完治していると思っているのにもかかわらず、この様な動きをしてみて肩に痛みが走るようならば後遺症が残っている可能性が有ります。

通常は怪我や打撲で痛めた場合は出来るだけ動かさずに固定して大事にしますが、先に書いた様に五十肩(四十肩)の場合は多少の痛みは我慢しても動かすようにしなければ関節が固まってしまいます。五十肩(四十肩)を発症しておよそ1年程で痛みは無くなりそれを一般的に治ったと表現しますが、痛みが無くなったにも関わらず腕が上がらなく成ってしまったと言うような場合は後遺症が残っています。

もう歳だから体の不調はしょうがないと諦めてしまう方もいらっしゃるかもしれませんが、適切なリハビリをしていれば元通りに回復します。

罹患初期の1ヶ月程度の炎症期間を除いては出来るだけ動かす様にしましょう。
この場合、”痛みを押してでも動かす”ということです。通常の怪我や捻挫とは全く逆の様に思われるかもしれませんが、実は矛盾はしていません。捻挫等の場合は炎症期間が長く回復までの期間が短いために”炎症中は動かしてはいけない”のであって、炎症が引いたらやはり無理しない程度に動かしておくべきなんです。

五十肩(四十肩)の場合も炎症期間はあります。およそ発症から1ヶ月~2ヶ月位が炎症期間なのでその期間は動かしてはいけません。しかし、炎症期間が過ぎてもそこから1年近くも痛みが続くのが五十肩(四十肩)の特徴なのです。炎症期間が過ぎても痛いからと行って動かさないでいると、上記の様に健や関節が固まって動きにくく成ってしまうというわけです。反対側の五十肩(四十肩)が発症していない方の腕と同じ程度まで動かせるようにリハビリを開始しましょう。

 

五十肩(四十肩)と間違えやすい腱板損傷という症状

五十肩(四十肩)と間違えやすい症状に腱板損傷または腱板炎というものがあります。

五十肩(四十肩)と腱板損傷(腱板炎)の違いの見分け方は、五十肩(四十肩)の方には拘縮(こうしゅく)という症状があります。腱板損傷にはありません。拘縮とはどういったものかというと、ある特定の方向へ動かすと痛いかどうか、その特定の方向、例えば腕を真上に上げられないとか、後ろへ回せないとか、その方向へ動かすと激痛がするが、他の方向へは痛みも無く問題無く動く、痛い方向に他人に引っ張られても激痛が走る、といった場合は五十肩(四十肩)である場合が多いです。

逆に他人に引っ張られても特に痛みはない、またはいつでも痛いとか、腕を上げ下げしたりするとコキコキ音がするといった場合は腱板損傷の可能性が高いです。

腱板損傷(腱板炎)の発症原因としてはスポーツなどで損傷するケースが多く、五十肩(四十肩)はある日何もしていないのに突如痛みが走るようになったという様な違いが有ります。

腱板損傷(腱板炎)の場合は、五十肩(四十肩)のリハビリの様に痛みを押して動かしてはいけません。病院で診察を受けてください。

公開日:
最終更新日:2017/02/07